• ホーム
  • アフィリエイトで失敗する人の特徴

アフィリエイトで失敗する人の特徴

色々なSNSアイコン

アフィリエイトはGoogleのアルゴリズムの変化によって、大きく売り上げが変化されるので失敗する可能性も出てきて継続も危ぶまれる人がいます。Googleのアフィリエイトを間違った方法で活用することで、アルゴリズムによって失敗するケースもあります。
他のサイトから被リンクを検索順位の判断材料として用いていることが特徴で、メインのサイトに被リンクを貼ったりする手法が今までは通用していました。しかし現在はこのような手法をとることで、自作自演のリンクとみなされて全てのアイディアが台無しになります。
このような間違った方法を監視しているのがアルゴリズムで、たくさんの自作自演リンクを貼ってSEO対策をしているサイトや、スパム行為をしているジャンルなどの順位を下の方に下げています。

質の低いリンクを貼っていることが、ペナルティの対象となっているのでサイト同士でリンクを貼ることは問題ありません。Googleが推奨しているのは他のサイトから自然に貼られているリンクで、優れたコンテンツをさらに発信していることで評価されます。
自作自演でリンクを貼るよりもコンテンツ自体を10個作成させた方が結果的に良いです。
Googleはリンクに対しての質や数によって順位も上がるアルゴリズムを用いており、ページランクのランキングが変わると検索結果でも有利に働きます。今までは有料リンクを購入するという手法がSEO対策で取られていたのですが、現在はペナルティの対象となっています。

例えば有料リンクを購入することはガイドラインに違反しており、操作目的で行なっている判断されます。ページランクを簡単にあげる手法として知られていますが、もしペナルティが課せられてしまうと真逆の方向へ働いてしまいます。キーワードがページ内に含まれているかを検索ランキングで判断しますが、一つのページへ過剰なほどの数を詰め込み過ぎればさらにペナルティの対象となります。
検索でヒットさせたい気持ちは皆わかりますが、関係ないキーワードまでも詰め込むことが継続をさせる上ではNG行為とされます。ユーザーに見られ内容に隠しテキスト・リンクを貼るとアルゴリズムにひっかかり、良いアイディアだと思っているジャンルはランキングが下がる傾向にあります。

検索エンジンを意識しすぎて認識させるための方法にとらわれて、キーワードを詰め込む時に用いることを意識します。他のサイトからのコンテンツを無断でコピーすることはもってのほかで、ウェブ上でも簡単にコンテンツをコピーすることはできますが著作権侵害に当たる行為となっています。
稀にオリジナルアイディアのコンテンツでも、無断コピーしたサイトがオリジナルと判断されてしまうケースがあります。アルゴリズムは完璧とされていないのでこういった間違いも起こっています。

関連記事
人気記事一覧