• ホーム
  • 中古ドメインの見分け方って?

中古ドメインの見分け方って?

インターネットが普及し始めた2000年頃には、あえてページ内に不必要なほどのキーワードを詰め込むという行為が流行っていました。
当時はまだ検索結果が不十分な時で、キーワードを詰め込む質の低いサイトが検索結果で上位ランキングに入るという現象も起こっていたことにより歯止めがきかない状態です。それ以降、キーワードの詰め込みをしているような低品質で詐欺サイトのような行為をマイナス評価とする決まりができました。

質の高いサイトをきちんとした公平な見分け方で行い、対策を取り始めています。これらはブラックハットと呼ばれ、SEOを取り入れるにあたって絶対にしない方が良いということです。ブラックハットは詐欺サイトやアダルトサイトでも見られますし中古ドメインで、以前使われていたSITE:や歴史から影響を受けているものまであります。
アダルトサイトは詐欺サイトである傾向も強く、誰もが警戒しながら閲覧しているかもしれませんが、ブラックハットの影響を大きく受けている可能性もあるので注意が必要です。ブラックハットとホワイトハットの見分け方は、わかりやすく前者はウェブマスター向けガイドラインに違反している手法のことを言います。
前者はガイドラインに沿ったSEO対策を取り入れているサイトのことです。中古ドメインでマスター向けのガイドラインは、最終的にユーザーに対する利便性を取り入れた検索結果となるように設定しているガイドラインです。これによりホワイトハットはユーザーにとって良心的な施策によって、上位を獲得している特徴があります。

これとは反対にブラックハットは利便性をもはや無視しており、順位のルールの隙をついた手法を取っています。
MajesticやAhrefsはSEOツールとして他の被リンクを長い期間チェックするツールで、使う目的は上位に表示させたいキーワードで先にランキングに入っているライバルサイトにどのくらい影響されているかを、判断しながらSEO対策をしていくというものです。様々な歴史の長いSITE:をMajesticやAhrefsのツールを使って、長い期間バックリンクしていく機能になります。
一番多く検出するのはAhrefsなのでMajesticのようなサイトはオプション的な存在になる傾向があります。中古ドメインを見分けることは非常に大切で、知らないうちにブラックハットが影響する可能性もあるので注意が必要です。

関連記事