• ホーム
  • SEO対策はGoogleからペナルティを受けることもあるので注意

SEO対策はGoogleからペナルティを受けることもあるので注意

SEO対策はGoogleかなどの検索エンジンからペナルティを受けることもあり、その方法としてインデックス削除が挙げられます。これはペナルティによるアクションで、不自然なリンクや低品質コンテンツ・古いコンテンツや信頼できるサイトではない場合です。
ユーザーがこのような判断をした際に、Googleに通報してインデックス削除を受けるという可能性もあります。対象のサイトが表示されていないことで、削除されている可能性があり復活方法を知ることになります。解除させる方法はスパムや低品質コンテンツを改善させ、信頼できるサイトに持っていきます。

不自然なリンクを改善し、解除させることが可能なので所有しているサービスにコンテンツ存在しているケースでは、申請依頼に活用できます。さらにユーザーでもGoogle以外が所有しているコンテンツも存在しているので、ウェブ検索やヘルプ以外では依頼して見ます。
大きな課題としては検索エンジンにインデックスをさせながら、SEO対策にも力を入れ順位上昇を目指していくことが重要です。多くの事例で経験することになりますが、審査リクエストを送ると1週間前後にてペナルティ解除の連絡をもらうことができます。
最短でも4日間はかかりますし、最長で20日となるので1ヶ月もみておけば余裕で返事がもらえる仕組みになっています。ペナルティ解除された後の順位上昇は、サイトによっても個人差があるので5日から2週間程度で上昇率に変化が見られないものもあります。被リンクを削除した場合や、否認することで元の評価よりもさらに下がってしまう可能でも秘めています。

トータル的に見て削除や否認の本数により順位がスムーズに戻るか、時間がかかってしまうかに分かれます。例えば不自然なリンクへのペナルティは解除することはそこまで難しくありませんが、元の順位に戻すことができるかは保証できないという位置付けです。手動ペナルティ解除が行われるまでの期間は、サイトに委ねられますが長いときは90日後・短い時で翌日というケースもあります。
ダメになってしまったドメインは変更をして、新規ドメインで運用することも可能です。コンテンツをそのまま新しいサイトに移動させる方法として、Googleに自動的に認識される可能性も出てきます。リダイレクトしていないとしても、サイト側が移転したと判断すればサイト移転として事務的に処理されてしまいます。

関連記事
人気記事一覧